STAFF BLOG
スタッフブログ

2019.09.06 「やっぱりデコが良かった」O様ファミリーの家づくり

令和初めての夏を迎えた頃、O様ファミリーのお家にお邪魔して参りました!
O様は4人家族。
緑豊かな住宅街に2018年の夏に完成しました。
お邪魔したのはちょうど一年点検の頃です。

家造りの始まりは、なんと5年前。
実は土地を探すところからスタートしていました。
ですがなかなか良い場所に巡り合えなかったこと、
ご家族の環境の変化などで一度は家造りをお休みとなっていたんです。

その間積極的ではなかったものの、色々な会社のお家を
近くで見学会があった際や何かのついでにと見学には行かれていたそうです。

もう一度家造りを考えようか…となった時に
ご夫婦のお気持ちは「やっぱり、インターデコがいいよね」だったのだそう。
タイル使いやデコならではの温かい雰囲気に魅了されて気づいたらご家族の唯一無二のお家になっていたそうです。

そして縁があってか、おじいちゃんが昔お住まいだった場所に
大好きなインターデコハウスでマイホームを作ることになりました。


奥様の大好きな場所はキッチン♪

リビングを見渡せる場所にあるのが奥様こだわりのキッチン。
壁で見えないはずのワークスペースのカウンター部分も、窓を付けてキッチンからひょっこり覗けます。
手元灯はアンティーク風のガラスペンダント。
大きな時計が可愛いですね♪

  • キッチンとリビングを繋ぐ小窓。ボンヌママンの小瓶ジャムが可愛い。

  • 大中小のガラスジャーの中には多肉植物を。紙製のマフィン型にはベビー多肉ちゃんを育成中

  • キッチンの手元灯。夜になると、ガラスの模様がひときわ美しく!

キッチンの奥には階段下を利用したパントリー。
(冷蔵庫もカッティングシートで可愛く装飾されてました!(^^)!)

広くはないスペースですが、収納力は抜群!
あまり広いと「物が増えるから…」と奥様。

棚は奥行きを狭くして、ストックしているものが一目瞭然の状態。
とっても管理しやすそう(^^♪

ご主人様のお気に入りスペースは2Fフリースペース

完成した当時の写真。重ねたイラストは建設時のイメージです。
実際にお住まいになられてこうなりましたよ↓

2Fトイレ前にあるフリースペース。
有功ボードを壁につけて、最近どんどん腕を上げているDIYの道具を収納。

ご主人様の机にも注目してくださいね(手作りですよ~♬)
ここで資格習得の勉強をしたり、DIYの本を見て次の作品を考えたり。
子ども達も気軽にパパに話しかけられるオープンな書斎。

  • とっても明るい場所。わずか2帖のスペースとは思えない!!

  • 本格的な工具が並びます。有功ボードは壁を傷めず、写真や雑貨を飾るのにも重宝します。

  • 書斎スペース後ろにある本棚。もちろんパパさん作。

お家の中はワンダーランド!あちこちに「楽しい」がいっぱい!

ご夫婦の人柄が分かるインテリア。
よく見ないと見過ごしそうな場所に、くすっと微笑んでしまう仕掛けがいっぱいなのです。
写真は階段吹き抜けにある窓。
お家の安全を兵士が見守ってくれていました(*´ω`)

  • 2F書斎スペースの裏側はニッチに。
    家族の思い出が飾られてます。

  • 息子ちゃんのお部屋。ベットの棚では恐竜が行進中。

  • 玄関に入ってすぐ目につくニッチ。陶器、木、ガラスと異素材の雑貨を統一感を持たせて飾るセンスの良さ!

  • ピンクでガーリーにまとめられた娘ちゃんのお部屋。とっても可愛い♪

  • 玄関アプローチ。
    甘すぎず目立ちすぎない植物達が出迎えてくれます。

  • 多肉の寄せ植え。建設前からガーデニングがお好きだった奥様。

暮らし出してのあんなこと、こんなこと。

暮らし出して約一年、驚いたことは冬は長年愛用したこたつも出さず、ファンヒーターも使わず、四季を通じてエアコン1台で快適だったことだそうです。インターデコのお家は可愛いだけでなく高気密高断熱。
北欧の暮らしを真似たのはデザインだけではないんです。
ALL樹脂サッシを使用し外部からの熱伝導を極力最小限に抑えます。(半樹脂サッシが使われているお家まだまだ多いんですよ)

後悔したところはありますか?
のご質問には、キッチンのタイルをご指摘。
レンジフード下の壁にタイルを張っているのですが、水回り側まで面積を大きく張れば良かったたな、とのこと。
大き目のお皿やお鍋を洗う際には水撥ねに気を使うそうです。

良かったところは「リビングのスキップフロア」とのこと。
訪れた片、皆さんここに気づいたら座られるそうです!(^^)!
建設中にリビングにワザと段差を付けることにご両親も心配されていただようですが、完成したら一番にスキップフロアに腰掛けたんだとか!!居心地のよいリビングのシンボルになったようです。

お家を建てる方へアドバイスを!

お家を建てるまで色々な決断を乗り越えてきたO様ご家族。
一次はもう家は建てないかな…と思ったこともあったとか。

そんな施主様がこれから家造りを行う方へアドバイスを送るなら
「思った事、気になった事は何でも担当者に話す!」ということでした。
心配だけど、恥ずかしい…。こんなこと聞いてもな…。
なんて思わずにどんどん納得いくまで質問や相談をした方が絶対いいですよ!と教えて下さいました。


とっても仲良しのご家族。
これからもご家族と一緒にお家が成長していくことを私たちも楽しみにしています。

O様ご家族、長い時間お付き合いありがとうございました。